子供わきがいつから

ワキガが中高生に増加傾向?進む低年齢化

自分の子供がわきが?ちょっと悩ましい問題です。

ワキガは両親のうちどちらかがワキガ体質の場合50%、両親共にワキガ体質だと80%の確率で遺伝すると言われています。

ワキガ体質かどうかはアポクリン腺の数になるので、その遺伝子を受け継いだと考えられます。
産まれたときから、アポクリン腺の数は決まっているのですが、思春期の頃にアポクリン腺が発達するため、早い子だと小学生くらいから、ツンとした独特のワキガ臭がする場合も。

食文化の欧米化・思春期の低年齢化により、今までより早いうちから自分の体臭に悩みはじめるお子さんも。
自分で気づくのはまだいいと思うのですが、子供はストレートな為、『〇〇ちゃん・〇〇くんクサイ』など心無い言葉で傷ついてしまう場合や、いじめの原因になるケースもあるため、
早急に対策をしてあげることが必要になってきます。

子供のわきが対策でできること

大人になれば、ワキガ手術という手段も選択肢に入ってくるかと思いますが、思春期のころはまだアポクリン腺が発達中の可能性があるため、急いで手術をしたとしても、きちんとアポクリン腺が取り切れない、手術をした後に発達してしまったなんてことも考えられるので、急いで手術することは避けたいところです。

おすすめできる対策

子供のわきが対策でおすすめなのは肌にも負担のかからない、しっかりと有効成分の入った医薬部外品のデオドラントクリームを使うことです。
子供の肌は大人とくらべて敏感なこともあるため注意が必要です。

肌に良くない成分が入った制汗剤などを使うことによって、さらにわきが臭がきつくなってしまう場合もあるため気をつけましょう。

ワキガ対策の新常識として、乾燥からくる臭い。

そもそも、アポクリン腺から出る汗にもともと臭いはありません。
アポクリン腺から出る汗に、皮脂や雑菌が混ざることよってワキガ臭が発生します。

肌が乾燥することによって、自己防衛反応から過剰なまでに皮脂が分泌されると、ワキガ臭が発生しやすい状況に陥ってしまいます。
それを避けるためにも、肌を清潔に乾燥させないことが重要となってくるのです。

子供になんて伝えたら・・・。と悩みがちですが、最近の子は男の子も女の子も早くからいい意味でニオイ対策には興味があります。
まだ、わきがであることを伝えるか迷われる場合は『いいデオドラントクリーム買ったから、使う?』といった感じでもよいのでは?

思春期の子供は性ホルモンの関係から臭いがきつくなりがちですが、成長が終わると臭いが落ち着いてくる場合もあるようです。

子供でもOK無添加の医薬部外品ワキガ専用デオドラントクリームは⇒クリアネオについて